ヨットライセンスの世界スタンダードとなっているASAヨット教育システムのご紹介

ACC-106ライセンス

 

ACC(Advanced Coastal Cruising) ASA-106

ライセンス基準

30~50フィート艇のスキッパーとして、沿岸域でのいかなる風と海の状態でも、スキッパーまたはクルーとして、セーリングができるようになること。

事前に必要な資格・・・BBC+CON

ヨットの知識

  1. トゥルーウィンドとアパレントウィンド
  2. 風によって推進力が生じるセーリングの理論
  3. CEとCLRの求め方
  4. ウェザーヘルムとその調整方法
  5. セールの形状を調整する方法

天候の知識

  1. バロメータと温度計を使用する天候予測法
  2. 巻雲、巻層雲、高積雲、層積雲、積乱雲、およびそれぞれと関連する天候の変化
  3. 3種類以上の気象情報の入手方法

シーマンシップ

  1. 気象条件に合わせた適切なセールの選択基準
  2. セーリング中に荒天が予想されるときの準備
  3. 荒天時にヒービング・ツゥーまたはライイング・アハルを実行するときの手順
  4. アンカリングしているヨットへ、夜間に横付けしようとするときの注意
  5. 夜間にアンカリングで桟橋へ係留するときの手順
  6. 振れ回りを防ぐために二個以上のアンカーを使用する方法
  7. 水深を知るための複数の方法
  8. アンカリング中にアンカーを揚げることが出来なくなったときの、四つ以上の対処法
  9. トリップラインはいつ、どのようにアンカーへ取付けるのか
  10. アンカーウォッチはいつ立てるのか、またそのウォッチの責任は
  11. 曳航するときの手順と曳航ロープの使用方法
  12. 遭難信号の種類
  13. セーリング中にデスマストした時の対処法
  14. セーリング中にリーショアーへ座礁したときの対処法
  15. 機走中にエンジン冷却水が出なくなったときの対処法
  16. 混み合った錨泊地で突然エンジンが止まったとき
  17. 混み合った航路内で突然エンジンが止まったとき
  18. 燃料搭載量と燃費及び航続距離
  19. 清水の搭載量と生存に必要な一日の量
  20. スキッパーの責任と行動への許可
    乗艇許可、横付けへの許可、もやいロープを自艇にとるときの許可、最初にアンカリングした艇の権利、レース中のヨットに進路を譲る、トラブルに遭ったヨットへの援助、旗をエチケットに従って掲揚、艇外に垂れたロープ、航行中はフェンダーを格納、ヨットの整理整頓、
  21. 外国へ出入港するときの必要文書と手続き法

応急修理とメインテナンス

  1. 故障時の修理法
  2. 燃料パイプの詰まり、セルモーターが動かない、電気接点の不具合、電食、スパークプラグもしくは噴射ポンプの故障、キャブレターの固着
  3. エンジンオイルの交換時期と交換手順
  4. シーズン前に必要な各部のチェック方法
    ハル、スパーとリギン、セール

安全確保

  1. 雷に襲われたときのアース対策
  2. クルーの水泳を許可する前に、検討するべき要素
  3. 頭上を通る送電線の危険性
  4. 取り外し式レーダーレフレクターの能力と限界

セーリング技術

  1. 30時間以上の昼夜に渡るセーリングで、CONの技術を発揮できること
  2. 20ノット以上の風での適切なあらゆるセーリング技術
  3. 風のシフトや潮流、地形を利用して最短距離でセーリングできる技術
  4. セールトリムを適切に行った状態で、10度以下の範囲でステアリングできる技術
  5. ディンギーを曳航する適切な手順
  6. 夜間における落水者救助法
  7. 全てのセールの展開と収納

One Comment to ACC-106ライセンス

  1. […] 受講資格:BBC+CON+2級小型船舶以上(ASAライセンスの詳細はこちら) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です