ヨットライセンスの世界スタンダードとなっているASAヨット教育システムのご紹介

BBC-104ライセンス

 

BBC(Bare Boat Cruising) ASA-104

 

ライセンス基準

30~50フィート艇のスキッパーとして、毎日寄港するクルージングおいて、安全に航海が出来るようになること。

事前に必要な資格・・・BCC+CON推奨+2級小型船舶以上

ヨットの航海計画

  1. 燃料積載量と燃料消費率
  2. 燃料消費を悪化させる原因
  3. 清水搭載量と、乗員一人あたりの消費量
  4. 船酔いに対する処置と予防の方法
  5. クルージングに適切な衣類の選択
  6. 適切な食料積載と食事メニューの注意点
  7. 救急箱に備えておくべき薬品と用具
  8. 一週間のクルージングに必要なスペアエンジン部品
  9. 国際航海に必要な手続きと必要書類

シーマンシップ

  1. ギャレーの適切な使用手順と火災の危険性
  2. 海陸風の成因と影響
  3. 霧の成因と予測法
  4. レーダーレフレクター使用上の注意
  5. エンジンの冷却水が出なくなったときの対処法
  6. 水路内と混み合った錨泊地で機走中に、エンジンが止まったときの対処法
  7. アンカリング中に水泳を許可するときの注意点
  8. 干満差の大きい海域で、固定桟橋へ係留するときの注意点
  9. アンカリングして着岸する上での適切な手順
  10. 風下の桟橋から艇を離すために、アンカーをどのように使用するか
  11. アンカリングしている他艇へ横付けするときの注意点
  12. マリンヘッドを使用するための適切な手順
  13. 次の各状態に対する注意点は
    他艇へ乗艇、横付け、横付け時にもやいロープの長さを調整するとき、最初にアンカリングした艇の権利、レース中のヨット、国旗、相手国旗、クラブ旗、プラーベート旗の掲揚、トラブルを起こした他艇への援助
  14. 毎回及び一週間ごとに行うべきエンジンの点検
  15. 法定安全備品の置き場所
  16. マリンストーブの適切な使用手順と火災への対処法
  17. 複数のアンカリング法を知っているか
  18. VHF無線機の使用方法

セーリング技術

  1. 4フィート離してヨットを停止し、ブイを拾い上げることができるか
  2. アンカーを打ち、桟橋へ適切にバウもしくはスターンから着岸出来るか
  3. 海上衝突予防法を理解しているか
  4. 他艇を曳航するときの適切な方法と注意点
  5. セーリング時にコンパスコースへ操船できるか
  6. ベアリングフィックスによる位置決定
  7. コースの設定とコンパスコース及びETAの算出
  8. 潮汐表の使用方法
  9. チャートと航路標識を使用して初めてのハーバーへ入港できるか
  10. 二日間以上のセーリングでスキッパーとクルーを務める

落水者救助法

  1. 複数のセーリング救助法を知っているか
  2. 無意識状態の落水者をヨットへ回収するための複数の方法

2 Comments to BBC-104ライセンス

  1. […] 受講資格:BCC+CON推奨+2級小型船舶以上 推奨(ASAライセンスの詳細はこちら) […]

  2. […] 受講資格:BCC+CON推奨+2級小型船舶以上 推奨(ASAライセンスの詳細はこちら) […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です