ヨットライセンスの世界スタンダードとなっているASAヨット教育システムのご紹介

インストラクター・IQC

IQC(Instructor qualification clinic)

IQCコースの目標

ヨット教育法をマスターし、世界に通用するASAインストラクター資格を取得することがIQCの目標です。

lisence-ins

ASAインストラクター認定証

あなたはヨットを教えるのに、資格はいらないとお考えかもしれません。 インストラクターは、ベテランであればよいと思っておられるかもしれません。そしてベテランが指示するとおりに、ビギナーを従わせて教えればよいと考えておられるかもしれません。

しかしそれは誤解です。ヨットのベテランであるだけでは、インストラクターとして十分ではありません。ベテランが指導する通りに従わせて教える。これではいつまでたってもヨットの技術は身に付きません。
生徒の失敗を励まし、生徒が解決策を自ら生み出すのを待つ。それがヨット教育に必要な、アーティスト教育法です。IQCでは、このアーティスト教育法を学びます。
The art of sailing 、その言葉が示すようにヨット技術はSienceではなく、アートなのです。サイエンスと違ってアートには、状況に応じた多様な正解を創造する必要性があります。

シーマンシップとは精神ではなく、技術です。技術は勉強すれば、誰もが身につけることができます。そしてインストラクターも生徒と同様に、はじめはビギナーであったと考えることによって、生徒の共感を得ることができます。

正式なインストラクターとなって、 一人でも多くの人に、ヨットのすばらしさを伝えませんか。IQCに合格すればプロとして通用する、ASAの正式インストラクター資格を取得できます。そのために最も厳しい講習とテストが、あなたを待ち受けています。IQC受講基準はこちらをご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です