ヨットライセンスの世界スタンダードとなっているASAヨット教育システムのご紹介

IQCインストラクター認定コース受講基準

世界で通用するASAインストラクター資格

lisence-ins

日本ではこれまでヨットのベテランが、ビギナーへのトレーニングを行ってきました。しかし単にヨットのベテランであるだけでは、ビギナーを上達させることは困難です。我流を押しつけ、かえってヨットは難しいものと、あきらめてさせてしまうことがあります。

インストラクターはヨットのベテランであるだけではなく、ASAが定めた教育訓練を積み、ヨットのトレーニング手法を学んだ、プロフェッショナルです。ビギナーが上達できないとき、それはインストラクターの責任と考えています。

ASAの認定コースはすべて、厳しいインストラクターテストに合格した、プロ・インストラクターが担当します。単なるベテランや、レーサーが教えるのではありません。認定を受けたヨット・インストラクターだけが、インターナショナル・ログブックへサインをすることを許可されています。

IQC(Instractor Qualification Clinic)コースへチャレンジしようとお考えの時は、IE(Instractor Evaluator)である青木洋へ、こちらのお問い合わせフォームで、お気軽にご相談下さい。

 

 IQC-BKBIの受講に必要な資格

  1. 3年以上の十分なヨット経験と、教えることが出来る能力。
  2. ASAインターナショナル・ログブックに記載されているセーリング技術を有すること。
  3. BCC以上のASAヨットライセンスを所有していること。
  4. ASA筆記テストに90点以上で合格していること。
  5. ASAの有効なインターナショナル会員資格を所有していること。
  6. 2級小型船舶以上の小型船舶免許を所有していること。
  7. 20歳以上の年齢に達していること。未満の場合は保護者の同意が必要。
  8. CPR救急蘇生法の講習(日赤、消防署など)を修了していること。
  9. ASAインストラクター倫理コードに記載されたすべての項目への同意。
  10. 上位のインストラクター資格の受講要件はこちらをご参照ください。

4 Comments to IQCインストラクター認定コース受講基準

  1. […] バンストまで、体系的な技術を身につけることができます。 当校では世界スタンダードのASAインストラクター試験に合格したプロインストラクターが、お教えします。校長の青木洋 […]

  2. […] 受講資格:BCC+1級小型船舶+CPR+詳細確認はこちら  […]

  3. 立谷勝房 より:

    IQCコースにはSBDに対応したコースはありますか?

    IQCの受講資格に、
    ⚫スキッパー経験2年以上、という表現のホームページと、
    ⚫3年以上の十分なヨット経験、という表現のホームページと、
    異なった表現がされていますがどちらが正しいですか?
    それとも両方が要件ですか?

  4. 青木洋 より:

    ⚫SBDIもIQCの一課程としてあります。しかしながら最初のIQCはBKBI候補生として、開始されます。その他のインストラクター資格は全て、BKBIを取得していることが受講条件となります。
    ⚫3年以上の十分なヨット経験が、IQCの受講資格としては正しいです。
    しかしながら3年以上であっても、クルーとしての経験だけでは、IQCクリニックで合格することは困難です。
    IQCの受講資格としては、最小限の条件を挙げているとご理解下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です